2014年01月30日

上映会を終えて。。。



こんにちは。
先日チャランケの会で『世界が食べられなくなる日』上映会を開催しました。

ご参加いただいた皆様、当日お手伝いいただいた皆様ありがとうございました。

10
代から70代まで80名ほどの方に参加いただきました。
農業に携わる方、小さいお子様連れのお母さんの姿も目立ち嬉しく思いました。
賑やかな託児の様子
P1020117.JPG


午前の部終了後の座談会への段取りが悪く開催できずに申し訳ありませんでした。

午後の上映後には、急遽意見交換会を行い映画の感想や参加された方の想いなどをおうかがいすることができました。


P1020121.JPG
映画は遺伝子組み換え、原発の危険性を訴えるものでしたが、受け取り方はその人の立場や環境でそれぞれだったと思います。

試写の都合もあり、映画を観直す機会に恵まれましたが、不思議なことにいくつかのシーンの印象がかわりました。

映画の内容は少々一方的なのかと思い直しました。
映画がすべてではないのです。いろいろなヒトとモノがかかわり成り立っている世の中です。

私たちは映画を通して何が善で何が悪ということを訴えるわけではなく、まずは事実や見えない部分を知って、考えるきっかけができればと思っています。

そして意見が違ったとしてもそれについて誰かと話すことに意味があるのではないかと感じました。

個人的には、自分のできる範囲で誠実な食べ物や企業を選んで買い物すること、省エネする、などなど無理なくできることから心がけていきたいと思いました。
<!--[if !supportLineBreakNewLine]-->

<!--[endif]-->

今回の上映内容で得たことが、今後皆様の生活にプラスに働けば幸いです。

出来るだけ未来の子供たちにツケを残さないようにしなくては、また世の中の流れがいい方向に進む足がかりも作らなくてはとますます思う今日この頃です。



チャランケの会では、これからもこのようなきっかけ作りができればと思います。




皆様からいただいたアンケートの感想も後日まとめて皆様にお知らせしたいと思います。



posted by すぎやま珈琲 at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | チャランケの会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86377418

この記事へのトラックバック