2016年07月18日

「ザ・思いやり」自主上映会


こんにちは!
短い夏も暑さ本番となった富良野です。
 
今回はチヤランケの会のドキュメンタリー映画『ザ・思いやり』上映会のお知らせです。

在日米軍基地に対する「思いやり予算」というものをご存知でしょうか?
安保条約などでは一切義務付けられていない予算で、米軍基地従業員給与や水道光熱費、訓練移転費用などが私たち日本人の血税から毎年7000億円規模で支払われています。
え、そんなところまで私たちの税金が使われているの!?と米軍への至れり尽くせりぶりが露呈されていて、特に震災後いまだ仮設住宅に暮らす人たちと米軍兵との暮らしぶりのギャップが印象的でした。
そんな無法な思いやりを米国人リラン・バクレー監督の視点でシャープに切り取り、コミカルに描くドキュメンタリー映画です。

先日、沖縄の女性暴行殺害事件に抗議する「沖縄県民大会」で

「今回の事件の第二の加害者は日本政府であり、本土に住む日本国民あなた方です」

とスピーチする学生の言葉にドキリとさせられました。

沖縄基地問題に関しての沖縄県民との温度差。

今回の映画はそんな沖縄へのかかわり方を改めさせられる内容だと思います。
終戦記念日を前にぜひ多くの方に見ていただきたい映画です。


日 時:8月7日(日) 12:30開場、1300上映開始(上映時間88分)...
料 金:前売り 500円、 当日券 800円、高校生以下無料 

託児あり(100円)3日前までに要予約

場 所:富良野市女性センター (富良野市若松町17−1)

【予約、問い合わせ】charanke.furano@gmail.com

すぎやま珈琲0167-23-527718:00まで)、青木090-7061-9120(18:30以降)

【主催】ふらのチヤランケの会

「ザ・思いやり」Webサイト
https://zaomoiyari.com/
予告編
https://www.youtube.com/watch?v=-IaAo3uvHbE

posted by すぎやま珈琲 at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | チャランケの会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176119660

この記事へのトラックバック