2015年07月08日

新 食 メニュー

7月にはいり初の書き込みです。

今朝の気温、、、、ヒトケタです。
なかなか暑い日がやってきません。
夏らしさも感じられた暑い日がいくつかはありましたが乱高下してますね。
野菜の生育にもかかわってくるので少々心配です。

さて、新メニュー始めました。

和風ハンバーグ丼 です。
P1050670.JPG

かみふらのポークと挽き肉と道産大豆のとうふを混ぜたハンバーグ(ヘルシー)を
ご飯にのせ、
昆布とかつおでとった和風だしを利かせた
まいたけ入りソースでからめました。
甘辛ソースでごはんもすすみます!


 
先日旭川市郊外の「北の嵐山」エリアへ散策に行ってきました。
陶芸の店が多く点在し、芸術の香りが漂いそして別荘地のような静けさが心地の良い場所でした。

詳細は下記ページで、、、

旭川市と鷹栖町にまたがる嵐山公園が隣接しており公園内にある
「北邦野草園」をたずねました。

さまざまな野草、苔むした庭園、原生林の中を散策していると癒されます。

P1050647.JPG
*ヘビイチゴ
P1050656.JPG
*エゾアジサイ
P1050661.JPG
*様々なかたつむりをたくさん見かけました。

その一角にアイヌの家が再現されていました。
P1050648.JPG


出入口から納室を通り母屋のスペースへ。
中に入ると焼けた炭のにおいが充満していました。
イベントや実験ですでに何度も実際に利用したのでしょう。
内壁に染みついているかもしれません。
勝手に当時を偲んでしまいます。
真ん中に囲炉裏があり、その先には神窓が。
囲炉裏の上には天棚が組まれ、燻製などつくっていたのでしょう。

もちろん土間はがらんとしていました。
アイヌの人たちがここで生活をしているのを出来るだけ想像してみたが、なかなか現実味が帯びない。

芦、茅、木の皮、笹竹などで作られた壁は20cmほどの厚みがありましたが、これで寒さをしのげるのか?

厳しい冬の生活ぶりは想像を絶します。

神様を崇め、足るを知る狩猟や農耕で生活し争いごとを決して好まなかったアイヌの人々。

今の世の中、改めてアイヌの智慧を見直すのも大事なのではないでしょうか。




posted by すぎやま珈琲 at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記